シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

Panasonicミラーレスカメラ持っているなら、LEICA 12-60mm F2.8-4.0買わないと!

f:id:shirofilm:20171213005657j:plain

ついに購入します!

機は熟した。15日に注文してくるぞ!!

1本、ちゃんとした標準ズームを買う!

先日、娘のピアノ発表会に行ってきました。

GX7mark2に付属しているキットレンズ12-32mmで撮影しましたが、

近距離の観客席を取れたこともあり、思ったよりも綺麗に動画撮影ができました。 

www.shirofilm.com

しかし、曲がりなりにも「カメラを趣味」にしている当ブログを運営しています。

(注:撮影を趣味にしている訳ではないので、撮影は下手です)

 

(初心者)カメラブロガーとして、そろそろ高価なレンズを買おうと思います。

JCBギフトカードを貯めていました

一応、雑記ブログとしてアフィリエイトサイトを運営しています。

雀の涙程度ではありますが、成果報酬として楽天アフィリのポイントが付与されています。

 

そのポイントを元手に「JCBギフトカード」を購入していました。 

それなりに貯まってきたので、今週ついに行動に移します。

15日がXデー

今週、15日に注文しに行く予定です。

15日というと、Yahoo!ショッピングのお得な『5のつく日』を想像しますが、

今回はJCBギフトカードを使うので、普通にカメラのキタムラに赴いて注文してきます。

15日にしたのは、ただ単にスケジュールが空いたから

10万円程度のレンズを買うという怖さ

カメラが趣味の人にとっては、10万円程度のレンズなんて「高級」の部類に入らないでしょう。

でも、一般市民にとってレンズに10万円程度掛けるのは不安で仕方がないのです。

 

  • カメラに10万円掛けるのは、新しいカメラを所有する満足感を得られるのですが
  • レンズに10万円掛けるのは、「貴方に廉価レンズとの違いが分かるの?」という怖さがあるのです。

何度も何度もレビューや、作例を見る

小市民にとっては、10万円は高値。

購入に際して、念入りなリサーチに余念がありません。

 

LEICA 12-60mmは非常に評判が良い。

人によって、写りには「好み」はあるだろうが、小心者にとって一般的に「評価が良い」ものを選びたい。

 

質感も良いらしい。

田舎なので、実物を見れないのが非常に残念である。

ぜひ、その高級感を感じてみたい。

正直、オリンパスレンズと迷った

オリンパスにはとても評判の良い2つの標準ズームレンズが存在する。

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

である。 

困ったことにどちらも評価が高い。

オリンパスとパナソニックのレンズは、同じマイクロフォーサーズ規格なので

どちらにも使用できます。

 

しかし、やはり同じメーカーでないと100%の性能は出しきれないらしい。

手ぶれ補正や、パープルフリンジなど。

(多分、私にはパープルフリンジは分からない自信がある)

 

特に今回のPanasonic LEICA 12-60mmと迷ったのが、OLYMPUS 12-100mm

ずるいです。これ。

35mm換算で「24-200mm」の画角を有するレンズなんて便利すぎる。

私の用途では、この1本でほぼ賄えてしまう。

 

ただ、重いんだよね。このレンズは。

もう1つ『LEICA 15mm』を購入したら、しばらく他のレンズは買わない

理由は3つあります。

  • お金に余裕がない
  • たくさん持ってても使わない
  • 保管する場所がない

 

 

っていうか、腕がないのにカメラ関係にお金かけすぎ!

この2本のレンズ(12-60mmと15mm)を購入して、カメラ関係の散財を終えたい。

 

あとは、オールドレンズには手を出すかもしれないけど。