シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

夏休みは、ダンボールハウスを作ろう

f:id:shirofilm:20170815145223j:plain

Youtubeで、ダンボールハウスが紹介されていたようで

娘が「欲しい、欲しい」言うから、調べました。

ダンボールハウスを作ろう

ネットで『ダンボールハウス』を調べると、結構な値段がします。

相場として、3000円〜4000円程度のようです。

とても可愛いし、楽しそうではありますが、

「説明書通り作って、終わり」になりそうだし、ちょっと高価です。 

 息子も欲しいと言いかねないので、2つは必要。1つだと喧嘩する。

 

 夏休みなので、ホームセンターでダンボールを購入して作ることになりました。

ダンボールは新品で

ダンボールなんて、スーパーマーケットに行けば廃棄物として置いてあります。

でも「青森りんご」とか、「和歌山みかん」とかの箱だと、かっこ悪いので子供達のモチベーションが上がりません。

カッコいい『Amazon』や『map camera』の箱ならたくさん家にあるのですが、

箱の数が多いと、嫁さんから「いったい何をこれだけ買ったの??」と不要な詮索をされるのでオススメしません。

 

素直にホームセンターに買いに行きましょう。

想像が膨らむ娘

f:id:shirofilm:20170815145223j:plain

たくさんのダンボールを目の前にして、テンション上がります。

f:id:shirofilm:20170815150450j:plain

ダンボールは、それほど高いものではないので安心して買えます。

 

f:id:shirofilm:20170815145332j:plain

大きいダンボールを3つほど購入して帰る予定だったのが、追加でこんなにも沢山欲しくなったようです。

シールやビニールテープもカゴに入ってるし。

f:id:shirofilm:20170815145609j:plain

予算軽くオーバー。

・・・ちゃんとしたダンボールハウス買えばよかった。

製作開始

f:id:shirofilm:20170815145649j:plain

結局、これだけ買わされた。

f:id:shirofilm:20170815145736j:plain

使いたい放題です。

危ないカッティングのみ手伝うことにしています。

 

11時から製作開始しているのですが、現在15時。

f:id:shirofilm:20170815145107j:plain

f:id:shirofilm:20170815145133j:plain

飲まず食わずでひたすら作成しています。

子供の発想力は、見ていて楽しい

f:id:shirofilm:20170815150317j:plain

シールや、ビニールテープを駆使して、細々と装飾しています。

f:id:shirofilm:20170815145915j:plain

f:id:shirofilm:20170815145938j:plain

壁に棚?

DIYのようなことをしている。

教えたわけではないのですが・・・。

f:id:shirofilm:20170815150054j:plain

息子、飽きたようです。

 

f:id:shirofilm:20170815145033j:plain

想定していた家より、かなり大きくなってリビングの空きスペースがなくなりました。

どうするんだろうこれ・・・?

でもかなり楽しそうなので、高かったけどよかったと思います。

飽きたら24時間営業の「古紙のえき(廃材リサイクル)」へ

ダンボールハウスは作成するのが楽しいのであって、作成後は邪魔になります。

近所に24時間、ダンボールのような廃材を集めているところがあるので助かります。

説明書通りの遊びよりも、創造する遊び

我が家では、子供が小さい時から

新聞紙や折り紙、コピー用紙やダンボールなどを使って欲しいものは作るようにさせています。

おかげで、学校ではまだ習っていないのに、「手芸」や「料理」が娘の趣味になっています。

でも、今回は思ったよりも高額になってしまったので

ちゃんとしたダンボールハウスを買ったほうがよかった気もします(笑)