シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【ヘタレ・ソロキャンプ】第2回『孤独感に負けられない戦いが、そこにはある』

f:id:shirofilm:20180617125216j:plain

梅雨の季節となりました。

とは言え、6月も余裕でキャンプです。

今日は天気予報では生憎の予報で、先ほどから雨が降ったり止んだりしています。

大草原の小さなデスク 

f:id:shirofilm:20180617125333j:plain

つーことで、天気が落ち着くまで買い出しです。しばし迷う。

 

しばらくすると快晴になりました。晴れ男バンザイ。

今回も、前回と同じエリアに割り振られました。

f:id:shirofilm:20180617125459j:plain

ただ前回と違い、今回は少々周り人たちが控えめな印象。静かって良いね。

 

みんな隅っこにテントを陣取っていたので、

より一層の「孤独感」を感じるほど広く使用できました。

f:id:shirofilm:20180617125532j:plain

もはや、屋外の仕事部屋感ハンパない。

f:id:shirofilm:20180617125424j:plain

雨予報だったとは思えないほどの晴れっぷり。

f:id:shirofilm:20180617125736j:plain

予報では夜もまた雨っぽいですが、テントを張っちゃいました。

日が暮れるまで、家でグダグダ過ごす

まだ夜まで時間あるので、

小1の息子に遊んでもらおうと思い、キャンプ場と家が近所なので帰宅。

f:id:shirofilm:20180617125800j:plain

息子、マインクラフトに夢中でお父さんの存在を「無」に変えている。

全くこちらを向かない。

f:id:shirofilm:20180617125838j:plain

夜5時30分、夕御飯が出来たようで少しいただく。

なんだかキャンプ行くの面倒になってきたんだけど、再びキャンプ地へ戻る。

エビフライ食うんじゃなかった

微妙に空腹感が解消されてしまった感あるが、早速メシの準備を。

f:id:shirofilm:20180617125933j:plain

まずは、コーシー飲んで気持ちを抑えることにする。

あ。私のお気に入りsnowpeakマグカップを忘れてきてしまった!

 

仕方ないので紙コップでいただく。

f:id:shirofilm:20180617130047j:plain

動揺のせいか、スプーンのビニール袋を外すのを忘れている。

f:id:shirofilm:20180617130131j:plain

次にコメを炊く準備に取り掛かる。

今回もメスティン(小さい飯ごう)を使っての炊飯。これは便利だから買うべし。

f:id:shirofilm:20180617130218j:plain

ガスコンロでしばらく加熱。

f:id:shirofilm:20180617131313j:plain

だいぶ日が落ちて来ました。

f:id:shirofilm:20180617131347j:plain

グツグツ煮えてきました。

ふふふ。炊飯って楽しくて仕方がない。

f:id:shirofilm:20180617131411j:plain

パチパチ音がしてきたので、火を止めて逆さまにしてタオル巻いてしばらく蒸していきます。その間に次の作業に移ります。

今日のおかずはこれだ!!!

f:id:shirofilm:20180617131509j:plain

餃子だよ。男は黙って餃子。

f:id:shirofilm:20180617131623j:plain

私は「焼く」「煮る」くらいしかできないのでレパートリーは限られる。

f:id:shirofilm:20180617131646j:plain

蓋がないので、アルミホイルで代用。

心許ないが、無いよりマシ。

gyouza

ジャーン。

『テーツーナーベーギョーザー(鉄鍋餃子)

我ながら上手くできた。

f:id:shirofilm:20180617132103j:plain

メスティンで炊いたお米も、いい感じで出来上がった。

今回は「のどごし〈生〉」といただく。おっさん万歳!!

 

あんまオナカ減ってなかったけど、控えめに言っても「最高に美味かった」

焚き火 SHO-TIME

P1030657

とっぷり日も落ちて夜になりました。

f:id:shirofilm:20180617132418j:plain

さて、今宵もコイツ(薪)とアヴァンチュール。 

f:id:shirofilm:20180617132502j:plain

いやぁ最高だわ。

snowpeak 焚き火台が超イケメン。

f:id:shirofilm:20180617132548j:plain

さっきまですごく寒かったんだけど、焚き火は「体」も「心」も温めてくれる。

仕事の悩みや、家庭での考え事など、全て忘れさせてくれる。

夕方、息子に相手してもらえなかった事も。 

嫌な予感がする

f:id:shirofilm:20180617134226j:plain

死んだ目で、ひたすら生き物のような動きをする炎に魅せられながら、ふと思う。

「・・・天気が変」

 

私は面倒なことが嫌いなので、テントが雨でビシャビシャになると翌日の片付けメンドゥ。

嫌な予感がしたので、テントを軽く片付けることに。

予感的中。雨が降ってきた。

CR-Z・車泊の巻

f:id:shirofilm:20180617132824j:plain

この車をご存知の方ならわかるだろうが、後部座席は「皆無」に近い。

しかし、その後部座席を前方に倒すと、トランクと合わせて1m×1m程度のスペースができるのである。

とはいえ、大人が寝るには困難な空間である。

余裕で地獄

f:id:shirofilm:20180617132931j:plain

わかるかな?奥側が車の最後尾。

とにかく「高さが圧倒的に足りない」

 

丸まって寝てみる。

体を「くの字」にするとは、まさに此の事。

なんつーか、「事件に巻き込まれてトランクに閉じ込められた」感ある。

 

この車、形が変わっててトランクの天井が「窓」である。

雨で天井がうるさい。 

 

これでは以前、ワンボックスカーで「(仮)キャンプ」をした時と同じではないか。(下記リンク参照)

キャンプ地にいる感じがしない。

 

そんな時は、これ。

f:id:shirofilm:20180617133334j:plain

森林浴を味わえるヒーリングBGM。

あらやだ。まるでキャンプ地にいるみたい!

背骨が痛い

「節分の豆」の夢でうなされて起床。

 

背骨が痛むのと、天井から降り注ぐ太陽光で「暑さ」半端ない。

「車内で何か、変なことしてました?」って感じに、車の窓が曇っている。

 

雨も止んだようだし、朝食の支度にとりかかる。

f:id:shirofilm:20180617133554j:plain

男の朝は「どん兵衛」でキメる(今回は鴨だし)

とは言え、早めに帰らないと嫁さんの機嫌が悪くなるので、朝8時にチェックアウトしなければいけない。

 

snowpeak 焚き火台のエージングも進んだ!

f:id:shirofilm:20180617133718j:plain

飴色になってきてうっとりする。

焚き火台は「L」にすべし 

今回改めて思ったんだけど、

焚き火台は「S」サイズだと、一般的な薪サイズ(30cmちょい)を入れるとハミ出てしまうし、灰になったものがどんどん蓄積されて焚き火がしづらい。

 

これから、もし焚き火台を買う人がいたら絶対に「L」を勧める。

ソロだから「S」でいいか?と思ってる人は大きな間違い。いずれ私も「L」を買う。

まとめ

f:id:shirofilm:20180617134724j:plain

今回のキャンプは、前半は最高だったが、後半は「コレジャナイ感」あった。

次回も来月w