シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【ヘタレ・ソロキャンプ】仕事に疲れた「ミドル世代」こそ、焚き火しようぜ

f:id:shirofilm:20180530211611j:plain

ミドル脂臭が出てきた40歳前後のオッサン世代の皆様、こんばんは!(こんばんは)

仕事に疲れて週末寝てばかりいるより、たまには自分を無にする時間も必要よ。

ちょっとかじっただけだけど、焚き火の魅力を語る

先日、焚き火デビューをしてきました。

なので、私のような初心者が語るのもアレなのですが、初心者だからこそ感じた魅力があるので書いてみようと思います。

①焚き火こそ最高のインドア

f:id:shirofilm:20180530224153j:plain

(注:昼間はダメだ。超ロンリーな気分になる)

やってみてわかったのですがファミリー層が超多いオートキャンプ場でも、

夜になると周囲が暗くなるので、一人の世界にとっぷり浸れます。

家に引きこもるくらいなら、暗闇で引きこもってみてはどうでしょう?

(自分でも何を言ってるのかわからない)

 

キャンプっていうとアウトドアってイメージですが、インドア派の方が焚き火に向いていると思います。

そもそも、ソロで焚き火をする場合は「会話は無」です。

誰に気兼ねすることもなく、炎を見ているだけで癒されます。

 

焚き火って放っておくと消えてしまうので、

焚き火をしながら小説でも・・・なんて事をしてるといつの間にか消えてます。

なので、焚き火を育てる作業が必要です。

育てるというか、延命作業かもしれませんが(笑)

 

っていうか、「焚き火」の火で本を読むっていうのに憧れて小説を持って行ったんですが、暗くて見えやしねぇ

もし読書をしたいのならkindleみたいなものがいいかもしれません。

②自分を見つめ直すより、無になる時間を

f:id:shirofilm:20180530224347j:plain

40歳前後になると、仕事のことや家族のこと、自治会のことや近所付き合いのことなどぼーっとしてると何かしら考えている自分がいます。

なかなか大人になると「無」になれないものです。

  • 自分はこのままでいいのか?
  • 自分はこのポジションでいいのか?
  • 自分は社員にどう思われているのか?
  • 卒業して一体何わかるというのか?
  • 思い出の他に何が残るというのか?
  • 先生あなたは、か弱き大人の代弁者なのか?

ついつい考えている自分がいるのでは?

 

面倒だから、焚き火しようぜ!

一緒に死んだような目で、焚き火の揺らめく炎を見ていよう。

③お金を燃やす行為

焚き火というのは不思議なもので、

  • わざわざ遠いキャンプ場に行って
  • 大量の薪を、数千円で購入して
  • ひたすら燃やす

まぁ言い方変えたら、お金を燃やすような作業な訳です。

なんつーか、理詰めで考えてしまうとあまりに馬鹿馬鹿しい行為なわけですが、

数千円で楽しむアミューズメントとして考えれば最高なわけです。

 

そもそもお金でモノを購入しても、購入した時は嬉しいし楽しいのですが、結局は飽きてしまうもの。

モノを消費する行為っていうのも楽しいものです。

④勝ち負けがない世界

男という生き物は、仕事をしていると何かと勝負をしてくるもの。

自分では気にしてなくても「成績」や「貢献度」、はたまた社員からの「信頼度」など比較されるものです。

 

もうそんなしょうもない勝負やめて、焚き火しよう

炎に魂ごと持ってかれたような抜け殻の自分は、負け犬そのもの。

もういいよ。私の負けだ。それより薪を燃やしたい。

(あれ?負けてるね)

⑤意味もなく刃物を持つ男

f:id:shirofilm:20180530220952j:plain

薪を買うとしよう。

さてどんな薪を買いますか?

細かい薪はすぐに燃えてしまうので、どんどん薪をくべていかなければならない。

太い薪は燃焼時間が長いのだけど、最初は燃えにくいから、ある程度細く薪を切らなければならない。

そこで「ナイフ」「斧」の登場である。

 

ナイフや斧って、キャンプ以外で使うときあるか?

斧なんてドラクエでしか使ったことないし。

そんな刃物を使う作業こそ、焚き火の魅力だと思う。

中学生の時にこんなナイフを持っていた同級生がいなかったか?

「いつ使うんだよ?」と思わなかったか?

多分、爪を切ったり、お父さんのビールの栓を抜いたくらいしか使わなかったと思うよ。

でも、男というのはアホなので刃物が好きな時期があるわけさ。

こんな斧、戦士しか持てないと思ってたよ。

ワクワクしないか?これで切った薪を燃やすんだぜ?(私、斧持ってないけど)

もう面倒だから、焚き火しようぜ?

⑥自分の部屋なんて無いんだろう?テントが君の部屋だ

世知辛いこの世の中、自分の部屋なんて持ってない旦那さんも多いことでしょう。

自分用の書斎なんて夢のまた夢です。来世、頑張りましょう。

 

そこで、男はテントです。

焚き火と、テントさえあれば自分の空間の出来上がりです。

男には秘密基地ってやつが必要なのです。

思う存分、焚き火をしたら秘密基地で寝ようぜ。

⑦焚き火がどうしても無理な人は、YouTubeで見よう

  • 仕事上、どうしても休みが取れない人や
  • キャンプ場がものすごく遠い人
  • 虫が嫌いな人
  • 家庭の事情

色々と理由があって、焚き火をすることがどうしても困難な人はYouTubeで見ましょう。

現在、ひたすら焚き火してるだけの映像がいっぱいあります。

20分くらいずっと見とれてしまいます。

 

ヘッドホンをつけて薪が爆ぜる音を聴きながら、ひたすら炎を見る。

意外とこれだけでも「無」になれます。

⑧でも、一人でやるのは緊張してしまう

うん。わかるわかる。

でも、面倒だから焚き火しよう