シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【ヘタレ・ソロキャンプ】40歳過ぎたおっさんが、初めてソロキャンプをしてきたの巻

f:id:shirofilm:20180527113729j:plain

ギャン風邪を引いてるにも関わらず、せっかく予約したし行ってきたよソロキャンプ。

色々と思うことがあったので記事にまとめます。

刹那さを消せやしない

とはいえ、超地元の自転車でも行けるキャンプ場。

ただし、一人で行くのは初めてなので40歳半ばの胸はドキドキです。

 

絶賛風邪ひきまくりですし、そもそも午前中は娘と息子の運動会があったので強行スケジュールな訳です。

ゲホゲホしながらソロキャンプのスタートです。

f:id:shirofilm:20180527105505j:plain

周りは賑やかなファミリー層ばかり。

他に一人、ソロっぽい人はいたけど「声かけないでオーラ」が半端なかったので、そっと放置。

今回のキャンプは「焚き火」が主目的ではあるが、「孤独との戦い」もサブテーマである。

ここで気をつけなければいけないのは、「私は本当は家族がいるんです」とか「友達は結構いる方なんです」なんて頭の中で言い訳しないこと。誰もお前のことなんて気にしてない。

男は言い訳しない。

f:id:shirofilm:20180527105545j:plain

「ちょっと、そっちをしっかり支えててよぅ!」なんてエアー相方と妄想で会話しながら男らしく一人でテント設営。

インスタントテントなので5分足らずでペグ刺し含めて完了。

f:id:shirofilm:20180527105804j:plain

秘密の寝室。

これとティッシュを置いて完璧。

(ティッシュは鼻をかむためよ?風邪引いてるから)

f:id:shirofilm:20180527105922j:plain

緑色や、黄土色のColemanテントが多い中、この色のテントは可愛くてお気に。

みんな買ってくれよな!

f:id:shirofilm:20180527110304j:plain

これが噂の「snow peak 焚き火台S」

最高にka.wa.ii〜。あ、ちなみに「kawaii」でGoogle検索しないでくれよな!

f:id:shirofilm:20180527110658j:plain

ブロガーのサガなのか、PCを持ってきてしまった。さすが私ブロガー!

ブログを深夜に書こうと思って持ってきたよ。

(ちなみに、ストロングゼロと運動会の疲れで爆睡して執筆できなかった)

f:id:shirofilm:20180527111026j:plain

周りを見渡すと、私だけがポツンとしてる感ある。

向こうは楽しそう。

やることがあまりに無いし、夜まで自転車で一旦家に帰ることに(笑)

f:id:shirofilm:20180527113925j:plain

寂しいから、twitterでひたすらつぶやく。

改めてソロキャンプスタートの巻

とりあえず飯を食べないといけない。

f:id:shirofilm:20180527111500j:plain

f:id:shirofilm:20180527112255j:plain

私の炊飯セットだ。1合で充分だ。

っていうか、1合なんて本当はいらない。

今回、小さい固形燃料でチマチマと熱して炊くのである。

f:id:shirofilm:20180527112129j:plain

火力、超☆ちいせぇ!

米が炊ける気しない。

f:id:shirofilm:20180527112434j:plain

日が暮れてきた。

f:id:shirofilm:20180527112514j:plain

20分経過してもウンともスンとも言わないので、ガスコンロで炊くことに。

f:id:shirofilm:20180527112706j:plain

パチパチいい始めたので、逆さまにしてタオルに包んで、蒸らす。

とか言ってる間に、暗くなる

f:id:shirofilm:20180527112846j:plain

昼間の時は、人目がかなり気になったんだけど、

夜間になると「暗闇のカーテン」が周りと隔離してくれる。←かっこいいこと言った

 

やはり夜から始めるべきだな!

f:id:shirofilm:20180527113111j:plain

米が無事に炊けた!上出来!!

f:id:shirofilm:20180527113550j:plain

f:id:shirofilm:20180527113207j:plain

まずは安い牛肉を焼くでござる。

ちなみにUCCの紙コップには「焼肉のたれ」が入ってる。

「別にコーヒーに付けて食べてるわけではないんですよ?」と言い訳しながら食べる。

f:id:shirofilm:20180527113429j:plain

次はこれだな!

f:id:shirofilm:20180527113632j:plain

豚キムチと、ストロングゼロでキメる。

おっさん万歳。

f:id:shirofilm:20180527113729j:plain

食後は、ひたすら焚き火を育てる。

やる前まで「焚き火を育てる」っていう意味がわからなかったが、放っておくと消えてしまう。

なるほど。育てているようだ。言い得て妙。

死んだように眠る

寒かった。

ただ、運動会の疲れと、風邪の影響で寝てしまう。

ブログの記事をテント内で書く予定だったが断念。

「マンションの1階に庭がついてる人の家」の夢を見て、うなされて起床。

f:id:shirofilm:20180527114315j:plain

鳥の声がうるさい。

f:id:shirofilm:20180527114512j:plain

男の朝は、どん兵衛でキメる。

風邪が悪化したようだ。咳が止まらない。

焚き火台が良い色に変化

片付け作業をする中で、この焚き火台の色の変化にウットリする。

f:id:shirofilm:20180527212913j:plain

熱で琥珀色に変化している。

キャンピング用品のエージングも良いね!

んで帰宅

やってみてわかったのは、

オートキャンプ場でのソロは、夜間から楽しむべきということ。

 

昼間はテント設営だけ。

あと、いちいち自分に言い訳しないこと。

 

まぁ、3,000円ちょいの出費で冒険気分が味わえるのなら良いと思う。

あと、薪を買いすぎたと思っていたけど、大きなダンボール箱1つくらいあっという間に消費する。これにはびっくりした。

 

また来月も予定を入れてるけど、楽しむためにもうちょっと考えて臨みたい。

まぁ、初回ソロキャンプにしては成功したのではないか?と思っている。

 

ただ、やはり寂しい気持ちの方が優っていたのは事実。

まだ自分を追い込めていない。

次回は、もっと「一人を楽しむ」気持ちで臨みたい。

巷では「ゆるキャン△」ってのが流行ってるみたいね?

全然知らなかったんだけど、そういう漫画が人気らしい。

f:id:shirofilm:20180527115136p:plain

この流れに便乗して、おっさんソロキャンプを広めたい。

f:id:shirofilm:20180527115234j:plain

周りがソロキャンパーの人ばかりになれば、もっとソロでやり易くなるかもね。