シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【Canon Powershot G12】忘れられないカメラ / 売却して後悔したカメラ【理屈ではない】

Canon PowerShot G12

新たにカメラを購入するために、古いカメラを売却した経験は皆さんあると思います。

その中でも『売却して後悔したカメラ』ってありませんか?私はあります。

Canon Powershot G12

意外に思われるかもしれませんが、そのカメラはCanon Powershot G12です。

勿論、現行カメラに比べれば

  • 高感度には弱い
  • 重い
  • 背面液晶は荒い

と欠点ばかりが目につきますが、理屈ではないのです。

Flickrでファンだった人が、Powershot G11使っていたのがキッカケ

私の写真(カメラ)の原点は、Flickrです。

子供(第一子)が生まれて「可愛いうちに写真に残さないと!」と思い、

良さげな写真掲載サイトを探すも、なかなか良いものが当時無くて。

 

んで「これだ!」と思ったのが当時の「Flickr」

当時の・・と付け加えたのは、2012年頃までの方がスッキリしていたためです。

現在のFlickrは使いにくい。

掲載写真を開かないと、添付された「文章」が読めない。

 

そのFlickrでファンになった人が、当時PowershotG11を使っていまして。

写り云々ではなく、Gadgetとしての佇まいがカッコ良くて自分も欲しくなりました。

 

で、購入したのが当時最新GシリーズのG12

触った瞬間「これだ」って思いました。

とにかくしっくりくる。写り云々ではなく、コンデジとは思えない重量感・質感。

SC-DC65A

カメラカバーもかっこいい。

中の臙脂色のスエードの質感が素晴らしい。これこそ高級コンデジ。

(ちなみに後継機種のG15のカメラケースはダサい)

夢中で撮った日々

娘の幼稚園までの子供の可愛さといったら異常。

息子も生まれたタイミングだったので、ひたすら撮影する日々。

 

楽しくて仕方がなかった。

いつもG12を肩に抱えてお出かけしていました。

  • 1000画素程度の程良い絵
  • IXYとは違う「大人っぽさ」
  • ミニ一眼レフのような佇まい

写真だけでなく、所有欲を満足させてくれる。

置いておくだけで「絵になる」そんなカメラでした。

Canonのカメラを未だに引きずってるのは、G12のせい

現在、FUJIFILMとPanasonicのカメラをメインに使用しています。

しかし、Canonのカメラの動向をずっとチェックしています。

最近では「Canon EOS kiss M」というミラーレスが良さそうですね。

 

でも、いつも頭にあるのは「Canon G12」

それからG15/G16と後継機種が発売され、現在では「G1Xシリーズ」が順当な後継機種だと思われます。

でも、G1Xmark2からは違うんです。外観が全然違う。

 

あえて言えば、G15/16/G1Xまでが私の思うGシリーズ。

無骨で男らしく、媚びてない。

G15からセンサーがCCDからCMOSに変更されました。

CCDの発色の良さが好きでしたが、高感度的にはCCDは現在では時代錯誤でしょう。

大人のgadgetとして、G15/G16が欲しい

デザインとしてはG12/15/16/G1Xが良い。

G12/15/16のセンサーは時代遅れな1/1.7型ですが、日中ならなんら問題ない。

ボケ云々は置いといて、大人のGadgetとしてこれに勝るデザインのコンデジは無い。

 

無骨なくせに圧迫感・威圧感がない佇まい。

ずっとそばに置いておきたい相棒である。

 

中古で、今でもある程度高値で推移しているけど、やっぱり所有しておきたい。

理屈じゃない。

大らかで、あたたかくて、不器用で、無骨で。でも好き。

 

お前じゃなきゃダメなんだ。