シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

Canon IXY DIGITAL300

f:id:shirofilm:20170401170740j:plain

今から16年前の2001年

彼女(現在の嫁さん)がどうしても欲しいカメラがあるというので、

必死にあっちこっち探しました。

IXY DIGITAL 300が当時、人気すぎた

今から16年前(2001年3月)

初代IXY DIGITAL(2000年発売)の次期モデル、『IXY DIGITAL 300』が発売されました。

いわゆるIXY DIGITALの2代目です。

 

見た目の可愛さと、アルミの筐体の質感が素晴らしい。

当時すごく人気で、今みたいにネットで注文とかない時代だったので

あっちこっちの電気屋さんを探すもどこも売り切れ。

 

で、しばらくして「残り1台」で売っていたIXY DIGITAL 300を

なんとか見つけ出して購入しました。

IXY DIGITAL 300 外観

f:id:shirofilm:20170401170740j:plain

今でもアルミの質感がとても素晴らしいと思います。

IXY DIGITAL 300という名前ですが、画素数は211万画素でした。

紛らわしい。

ちなみに「300」の由来は調べましたがわかりませんでした。

f:id:shirofilm:20170401170830j:plain

液晶画面は、今の常識でいうと「すっごく小さい」1.5型です。

3.2cm×2.4cmくらいですね。

 

写真で見てわかるように、当時のメモリーはCF(コンパクトフラッシュ)です。

そして大事なところですが、私の大好きな「Made in Japan」です。

安っぽさが全くありません。

 

厚みはありますが、ポケットに入る名刺サイズです。

幅94.8 高さ62.5 厚み29.9mm 重さ240g

実際の名刺の大きさは91mm×55mmなので、ほぼ近いサイズです。

 

当時の技術で、ここまでコンパクトに凝縮したカメラってすごいと思います。

定価は85000円。納得の価格です。

X-Pro2と、IXY

f:id:shirofilm:20170331222326j:plain

並べてみると小ささがよくわかります。(っていうかX-Pro2がデカすぎる)

 

RX100はすでに売却してしまい、手元にサブカメラはないのですが

よく考えたらこのIXY DIGITAL 300をサブにするのも面白いかもしれません。

バッテリーはだいぶ瀕死状態だと思いますけど。

思い出のカメラは捨てられない

f:id:shirofilm:20170331223350j:plain

ケースに入れて押入れに放置していただけなんですけどね。

でも、下取りとかにも出さずに今までずっと所有していました。

 

結婚前に購入したカメラなのですが、

遊びに行ったり、旅行に行ったり、いつも共にしていたカメラなので思い出がいっぱいです。

当時はこの極小背面液晶でも全然不便ではなかったんですよねぇ(遠い目)

 

この10年以上、全く使用していないカメラですがまだ使えるかなぁ・・・。

コンパクトフラッシュの容量が昔と違って、今は大容量のものしかないし、対応しているか不安です。

 

もしまた現役で使えるようになったら報告します!