シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

FUJIFILM X-T1を購入して、初めて「撮影」が楽しくなったのでガイドブックを購入してみた

f:id:shirofilm:20180912221031j:plain

本日、FUJIFILM X-T1 FANBOOK(ファンブック)が届きました。

このカメラをもっと知りたくなったんです。

カメラ好きから、撮影好きにシフト

私は下手の横好きで、カメラを取っ替え引っ替え購入しているのですが、

あんまり撮影しません(笑)

カメラブロガーの中で5本の指に入ると思うほど、撮りません。

 

もちろん、家族写真(特に子供)は撮影します。

でも「休みの日に一人で撮影しに行こう」とかは思わない。

 

でも、X-T1 / ZEISS Flektogon 35mmを所有してから「撮影」というものが楽しくて仕方がない。

「カメラって撮影できるんだ!!!」って感じ。

家族以外のモノを撮るようになった。

使いやすいMF機って最高に楽しいと思う。

 

前にも書いたかもしれませんが、元写真サークルだけど部活で私だけ撮影したことがありません(笑)友達が欲しかっただけです。

X-T1のことを、もっと知りたい

初老のジジイが、相手(X-T1)のことを知りたくなりました。

私、小さい説明書を読むと寝る人なのでガイドブックを買いました。

もちろん、Amazonの1円・中古本ですが。

 

んで、本日無事届きました。

中古本なので臭いです。早速ファブリーズを噴霧します。

 

数ある本の中でなぜこの本にしたかというと、

  • 1円だったから
  • KAWASAKIカラー(ライムグリーン)だったから
  • レビューを読んで良さそうだったから

です。

 

基本的にMFレンズしか使うことはないので、AF関係の機能は使わないんだけど、

元フラッグシップだけに、私が知らなかった機能があるはず。

一人で楽しむ趣味があるって素晴らしい

f:id:shirofilm:20180912222449j:plain

たまーに、私以外の家族がスゲェ楽しいところにお出かけをして、私だけフリー(お留守番)になることがあります。

 

そういう時、無趣味だと

  • 録り貯めた「カーグラフィックTV」でヤムチャの声を聞く
  • 娘の部屋に侵入して「よつばと!」を読む
  • 競艇場に行く

くらいしかやることがない。

でも、最近やっと「ブログ用に写真撮りに行きたいな」と思うようになりました。

この気持ちになるまで、ブログ開設して2年掛かりました。