シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

娘がインフルエンザに罹り、異常行動が現れたので徹夜

f:id:shirofilm:20180211012216p:plain

娘が初めてインフルエンザに羅患しました。

ここまでは別に仕方がないことですが、また昔と同じ症状が現れました。

インフルエンザで、異常行動を発症

実は昔、娘が高熱を出した時に

  • 「瞳孔が開く」
  • 「ひどい興奮状態になる」
  • 「何を言っているのかわからない」
  • 「私のことがよくわかっていない」

という、忘れることができない状態になったことがあります。

 

で、本日の朝

娘は元気だったのですが、ピアノ教室に行く前に何気に熱を測ったら「38.3℃」

急いで内科医院に診察に行ったところ、インフルエンザB型でした。

 

まぁ、それでも元気そうだったので

帰宅した後、部屋に隔離して布団に入れていたのですが、

夜の11時に、私たち夫婦がいるリビングに娘が来て、何かを話しました。

 

・・・何を言っているのか分からない。

 

脳裏に、あの日の事が思い出されました。

あの時と同じ表情です。明らかに表情が興奮気味でおかしいのです。

症状について

  • 手の感覚がなく、誰かに操られている感じらしい
  • 手をバタバタと大きく動かす
  • 頭の中が変らしい
  • 誰かが自分に話しかけてくる
  • 1分ほど、ずっとぐるぐると部屋を歩き続ける
  • とにかく興奮している

今回、こんな感じです。

いわゆる、インフルエンザによる「熱せん妄」という症状です。

 

もしこれに加え、

痙攣が発症し、痙攣状態が5〜10分異常続く場合には救急で診てもらう必要があるようです。

 

この症状、一度でも目の当たりにすると結構ショックを受けます。

まさか、また同じような症状が発症するとは・・・。

 

わかりやすいのは「目」

明らかに「興奮」しています。今回もあの日と同じ「目」をしています。

 

以前は目が見開いて、笑いながら意味不明な事を口にしました。

あの日の目は、多分一生忘れる事は出来ません。

んで、現在徹夜で様子見ています

1番怖いのは「ベランダ」「階段」

ベランダから外に出ないように、娘に分からないように2重に鍵を掛けています。

あと、階段近くで私が待機しています。

f:id:shirofilm:20180211012733p:plainf:id:shirofilm:20180211012815p:plain

またまた大袈裟な・・・

と思われる人も多いでしょう。

 

でも、1度経験してしまうと本当に怖いのです

これは経験者でないと、この気持ちは分かりません。

娘に何かあったら一生悔やんでしまうので、今日は徹夜で「娘の部屋の物音」を隣の部屋(階段近く)から確認しています。

 

という事で、暇なのでブログを書いています(笑)