シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【質感レビュー】LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0

f:id:shirofilm:20180103005633j:plain

先日、購入したLEICA 15mm F1.7と同時期に購入した LEICA 12-60mm。

最高すぎて、気温も寒いし、記事にするのが面倒でしたが重い腰をあげてレビュー書きました!

初心者がLEICA 12-60mm F2.8-4.0を性懲りも無くレビュー

OK、OK。

初心者がLEICAの質について語るのは、おこがましいですね。

 

写りは最高です。終了。

質感に絞って、レビューします。

ぱっと見、どうよ?

f:id:shirofilm:20180103005736j:plain

最高ですね。

持った瞬間に笑みがこぼれる。だって高かったから。

大きさはどうよ?

f:id:shirofilm:20180103005915j:plain

意外なことに、レンズ自体は大きく感じませんでした。

ただ、フードつけると途端にデカく感じる。

色はどうよ?

f:id:shirofilm:20180103010107j:plain

黒いね。

FUJIFILM XF18-55mmと質感を比較してみた

f:id:shirofilm:20180103010238j:plain

改めて比較すると、XF18-55mmっていいレンズですね。

とても付属のキットレンズだとは思えない。

f:id:shirofilm:20180103010435j:plain

比べてみると、LEICA 12-60mmの方が大きいですね。

  • LEICA 12-60mm 320g
  • FUJIFILM 18-55mm 310g

実はLEICAの方が軽いと思っていました。XFレンズの方がズシッと感じます。

ただ、LEICAの方が太さは感じます。

どちらが高価そうに感じる?

f:id:shirofilm:20180103011228j:plain

手に取ると、よく分かるのですが

LEICA 12-60mmの方が断然「イイモノ感」が強いです。

LEICAは形状がシンプルでスッキリしているのに、おおらか。

XF18-55mmがブルーバードSSSで、LEICA 12-60mmがソアラって感じ。

日本製ではない

f:id:shirofilm:20180103011555j:plain

XF 18-55mmは「MADE IN JAPAN」の文字がよく見える場所に記載されています。

f:id:shirofilm:20180103012140j:plain

LEICA 12-60mmは、どこにも記載がないなぁ・・・って思っていたら、レンズ裏にスッゴイ小さく・わかりづらく記載されています。

梅干しかおかずが入っていない弁当を、教科書で隠しながら食べているような感じです。

MADE IN CHINAがいけないワケではないのですが、この後ろめたい感じがいただけない。

ニョーンが長い

すみません。

初心者なもので、ズームした時の鏡胴が伸びることの正式名称を知らないので、私は「ニョーン」と呼んでいるのですが、このニョーンが長い。

f:id:shirofilm:20180103012753j:plain

うん。実に不細工である。

まぁズームレンズなので仕方がないのであるが、ニョーンが長いほど不細工に感じてしまう。

f:id:shirofilm:20180103013208j:plain

ズーム倍率が

  • FUJIFILM が約3倍
  • Pana LEICAが5倍

なので仕方がないのですが、XFレンズではそれほど気にならなかったニョーンが、LEICAでは気になります。

総合的に、最高のレンズです

初心者のくせに文句が多いレビューになってしまいましたが、あえて欠点を記載しただけでそれ以外は「超最高」です。

最近、防湿庫を購入しましたが、このレンズの為に新調したのです。

持った瞬間に「イイわぁ・・・」と思わせてくれた、初めてのレンズでした。