シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

カメラばかり購入していて、レンズを購入していなかった

f:id:shirofilm:20171125225223j:plain

今年は、4つもカメラを購入してしまうという暴挙。

ふと気づいた。「レンズがない」

今更ながら、カメラはレンズがないと撮れないと気づく

カメラはゴロゴロと我が家にある。

 しかし、良いレンズがない(笑)

現在所有しているレンズを列挙してみる

FUJIFILM

  • XF18mm F2.0
  • XF18-55mm F2.8-4

Panasonic

  • G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

 

おいおい。

キットレンズ以外のレンズがXF18mmしか無いときた(笑)

それも巷では評価の低いXF18mmのみである。(私はXF18mmが大好き)

XF18-55mmはキットレンズとして評判レンズではあるが、やはりキットレンズ以外が欲しい。

 

以前は奮発してXF23mm F1.4を所有していたのだが、

XF16mm F1.4が欲しくなり売却するものの、

結局そのお金でFUJIFILM X-Pro2グラファイトを購入した為に断念し、そのままになっている。

当時、X-Pro2を購入する前は「X-E2」を所有していました。

予定通り「X-E2」+「16mm F1.4」という組み合わせにしていたら、それなりに「良い組み合わせ」になっていたと思う。

しかし、ついついX-Pro2を購入してしまった。

 

そして気づいたら「レンズがないけど、カメラはいっぱいある」という本末転倒な事態になっている。

ラジコンでいうなら、「マシンはあるけど送信機がない」みたいな感じか?

見て・触って「うふふ」して、愛でて楽しむみたいな?

オールドレンズも所有しているが、子供撮影には不可

実は、たまにオールドレンズをFUJIFILM X-A1に装着して、どうでもいいものを撮っている。

しかし、私のメイン被写体は「家族(主に子供)」である。

 

MFでピントを合わせている間に、子供はファインダーから消える。

小さい頃なら寝顔が撮れたであろうが、もう誰も昼寝しない。

夜の寝顔は暗くて写らない。

高級な標準ズームが欲しい

XF18-55mmにしても、G VARIO 12-32mmにしても所詮「廉価・便利ズーム」である。

 

このレンズだけでカメラ人生を終えるのなら、もはや「高級コンデジ(ズーム)」だけを購入すればよかったのかもしれない。

「ミラーレス一眼はレンズを交換して然り」ではないのか?

センサーにゴミがついたらどうしよう?という心配もないくらい、「レンズ交換」をしていない。

 

明るい単焦点を揃えるのが「ミラーレス一眼」の醍醐味なのだろうけど、

家族旅行でレンズ交換している暇はない。それに沢山購入できるほどお金ない。

だから1本、高級な標準ズームが欲しい。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0が欲しい

今度こそ「ちゃんとした」ズームレンズが欲しい。

このマイクロフォーサーズ用のPanasonic LEICAブランドレンズが欲しい。 

10万弱もする。

しかしカメラを買いすぎたせいで、お金がない(笑)

でも今度こそレンズを買おう。もうカメラは要らない。

LEICA 12-60mmと、LEICA 15mm F1.7を購入して一旦落ち着こう

以前の運動会も意外と近くまで寄れた為に、FUJIFILM X-A1とXF18-55mmで事足りてしまった。

ということは、私の私生活では望遠域はそれほど必要ないことがわかった。

 

マイクロフォーサーズ用に評判の良いレンズがある。 

  • LEICA 12-60mm F2.8-4.0
  • LEICA 15mm F1.7

来年は、この評判の良いLEICA銘柄の2本を購入して、しばらくは「購入しすぎる癖」を治したいと思います。