シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

ブログPV数、『キャプテン翼』の登場人物でどのレベルか例えてみた

f:id:shirofilm:20171006011209p:plain

ドラゴンボールの戦闘力とPV数は似ているので、多くのサイトで自分はどのキャラに相
当するかという記事を多く見かけます。

だったら、私はキャプテン翼で例えてみることにしました。

ブログのPV数、キャプテン翼の登場人物でいうとどのレベル?

PV 1~10 /月

f:id:shirofilm:20171004235608p:plain

  • 雑魚の中で、誰とも被らない髪型が特徴
  • 修哲との対抗戦以来、応援団入り
  • 1巻で「マサル」と名前を間違えられていた悲しき男

~PV 30

f:id:shirofilm:20171004235848p:plain

  • 花輪戦で立花兄弟のトライアングルシュートの下敷きになった人

~PV 100

f:id:shirofilm:20171004235903p:plain

  • 南葛中で背番号5をつけたレギュラーにも関わらず、この名前を知るものは少ない
  • ある意味、大川学よりもキャラ的には薄い

~PV 300

f:id:shirofilm:20171004235915p:plain

  • 山吹小キャプテン
  • 「シャーク岸田」という芸人っぽいあだ名がある
  • 中学時代は大友カルテッドで再起を図り、ワールドユース編でも登場する実力者
  • 明和FCの沢木と判別が困難

f:id:shirofilm:20171005002929j:plain

~PV 500

f:id:shirofilm:20171004235927p:plain

  • 石崎と何かともめる
  • 西が丘小のキャプテン、中学編では「大友カルテット」
  • ワールドユース編の「RJ7メンバー」でビックリするくらい上手くなる
  • 漫画設定として強くなりすぎた感があり、実家の豆腐屋を継ぐことになる

〜PV 1,000 

f:id:shirofilm:20171005000633p:plain

  • 比良戸で次藤と組む
  • 長髪・小柄なために意外とオタク女子に人気
  • 次藤のシュートにちょっと軌道を変えてゴールに絡むという「オフサイド」なプレイが得意
  • 登場初期では「ケケケ」と言う、水木しげる系キャラだった

f:id:shirofilm:20171005003219j:plain

  • 本気出すと長い前髪から目を見せる
  • オーバーヘッドが得意技
  • 小柄なキャラ(163cm)を表現するため、次藤の腰の高さにデフォルメされている

〜PV 2,000

f:id:shirofilm:20171005000647p:plain

  • キャプテン翼界の「えなりかずき」的存在
  • 日向と「東邦ゴールデンコンビ」を組む実力者
  • 片桐に「シュート力がないのが残念な子」と言われる
  • Jリーグデビュー戦で「サッカーカット」を披露し度肝を抜く

f:id:shirofilm:20171005001929j:plainf:id:shirofilm:20171005002031j:plain

  • 「ザ・サッカーカットだよ」と小さく言うあたりに、後悔の色を滲ませる

~PV 3,000

f:id:shirofilm:20171005000658p:plain

  • 同じチームの佐野に比べて、人間離れしたデカイ肉体で表現されている
  • 実際の得点シーンでは、佐野のアシスト役という地味な存在
  • ワールドユースでは立花兄弟の「発射台」のイメージが強烈すぎて、その印象しか残っていない
  • 九州出身ということで、語尾に「~タイ」がつくのが鼻につく
  • ワールドユースでは「やっタイ!」という九州人を敵に回すような発言も 

~PV 5,000

f:id:shirofilm:20171005000709p:plain

  • カミソリシュートが得意
  • 南葛戦で「2枚刃」のカミソリシュートも披露するが、翼に簡単にコースを見破られて、あの森崎に簡単にキャッチされてしまう
  • カッとなりやすい性格
  • 主要キャラの中では、比較的地味な必殺シュート

~PV 10,000

f:id:shirofilm:20171005000722p:plain

  • どちらが兄で弟か非常にわかりにくい双子キャラ
  • スカイラブハリケーンを日本中の男の子に流行らせた

f:id:shirofilm:20171005002617j:plain

  • トライアングルシュートや、ツインシュート、スカイラブツインと技のデパートっぷりが目立つ
  • ツインシュート以外は、ただのヘディングシュートだということに気づく
  • 1人だけで出場すると、南葛の滝 / 来生より多分地味

〜PV 20,000

f:id:shirofilm:20171005001201p:plain

  • 本来、大友中にいなかったらもっと注目されていいFW
  • 足がかなり速い
  • 隼シュート及び、ノートラップランニングボレー隼シュートが得意技
  • 小学6年生・中学3年生の時に全国大会優勝という輝かしい経歴をもつ
  • 八重歯フェチに人気なキャラ
  • すごいポテンシャルを持ちながらも、ゴールに縁遠い不遇なキャラ

〜PV 30,000

f:id:shirofilm:20171005001212p:plain

  • 翼と組むと最強だが、ピンだと存在感は薄い
  • 少女っぽい風貌を持つ
  • ドリブル能力が高いが、中学までの必殺技がダイビングヘッドや、ジャンピングボレーくらいしか無いので漫画的に地味
  • 小学生の時に転入生として途中出場して活躍したくだりと、ゴールポストに激突しながら失点を防いだシーンが印象的

〜PV 50,000

f:id:shirofilm:20171005001222p:plain

  • ハチマキがトレードマーク
  • イーグルショットというカッコいい必殺技を持つが、元の名前は「北国シュート」とダサい
  • MFにもかかわらずワールドジュニアユースでは、必殺技を持つDFがあまりいなかったためにDFの要となる。(南葛戦でフェイントタックルを成功させたためかもしれない)
  • ボールキープ力は翼と同等の力があるが、それに酔いしれる傾向あり
  • ファミコン版でのシュートシーンは、イーグルショットが1番凄みがある 

~PV 70,000

f:id:shirofilm:20171005001233p:plain

  • 小学生では謎っぽい「水木しげる系」だったのが、中学生になると色気のある雰囲気に変貌
  • 長髪を好む
  • 全国の子供達に「キエェー」を流行らせた
  • 三角蹴りが代名詞だが、人間が実際やってみると全然できない
  • 空手家
  • 日向と「BL」のネタになることが多い

f:id:shirofilm:20171005002221j:plain

~PV 100,000

f:id:shirofilm:20171005001247p:plain

  • 「フィールドの貴公子」という言葉を流行らせた人物
  • 当時、意味もなく「心臓付近」を抑えて心臓病を演技するサッカー少年が結構いた
  • 登場人物中、唯一「(三杉)ファンクラブ」を持つ
  • 小学生・中学生時代は翼以上の実力者として描かれていたにもかかわらず、心臓病を克服した後はかなり地味な存在になってしまう
  • 圧巻だったのは中学の東邦戦。なんの変哲もない普通のシュートで若島津から2ゴールを奪う
  • 弥生ちゃんとベンチで観戦している様子は、リア充そのもの
  • ワールドジュニアユースのフランス戦は、三杉ファン垂涎の内容

〜PV 200,000

f:id:shirofilm:20171005001259p:plain

  • 髪型を真似しようと思っても、再現しにくい
  • 小学生時代にサッカーボールを山の上から蹴って、近所の若林の家まで届くという脚力を持つ
  • 37巻(最終巻)で神田という学生ボクサーの同級生を蹴って骨折させるという激情型な性格をもつ
  • 自分大好きな感じが鼻につく
  • 母親似

f:id:shirofilm:20171006005406j:plain

  • と思ったら意外と父親にも似てた
  • 人気漫画の主人公でありながら、意外と人気は低い(岬が人気)

〜PV 300,000

f:id:shirofilm:20171005001309p:plain

  • 袖を捲るファッションを全国区にした
  • ゴールポストにシュートが当たると爆ぜるほどの威力。コンクリートの壁も凹ます
  • 石崎と高杉にシュートブロックされたシーンは、読者に内臓損傷を心配させる

f:id:shirofilm:20171005002345j:plain

  • 作品中で珍しく、誰とも被らないキャラ
  • 「くらえ!」「デヤァ!」を流行らせる
  • 若島津と「BL」のネタになることが多い

〜PV 500,000 

f:id:shirofilm:20171005001321p:plain

  • ペナルティエリア外からのシュートは絶対防ぐ(中学生編まで)
  • SGGK(スーパーグレートゴールキーパー)
  • アディダスの帽子を全国に流行らせた功績あり
  • ワールドジュニアユースでは仲間を鼓舞するために嫌われ役に徹したが、別にそんなことしなくても良かったような気もする
  • 森崎のことを、SGGK(スーパーガンバリゴールキーパー)と馬鹿にする
  • 金持ちっぽい
  • 同姓同名の「焼肉屋」がリアルにある

〜PV 800,000

f:id:shirofilm:20171005001330p:plain

  • 大空翼の師匠的存在
  • 全国サッカー少年に、「ゴールバーに当ててからのオーバーヘッド」を流行らせた功績をもつ
  • 翼と海外に行く約束をしながらも、しょっちゅう約束を破るため「話半分」で聞いた方が良い
  • 底知れぬ実力を随所に醸しながら、実際の実力は未知。意外と地味かも

f:id:shirofilm:20171005002455j:plain

  • 最初は、酒飲みの道楽オヤジ的な風貌であったが、後半ではちょいワル風にイメチェン

〜PV 1,000,000

f:id:shirofilm:20171006003247p:plain

  • スポーツ選手はユニフォーム姿はカッコいいんだけど、私服が斜め上(最終巻)
  • やはり大都会東京

f:id:shirofilm:20171006003451j:plain

  • 日向小次郎は、しまむらにも売っていない独特のズボン
  • 若島津健は、サスペンダー
  • 沢田タケシは「えなり」っぽくポロシャツ。のちに「ザ・サッカーカット」

f:id:shirofilm:20171006004920j:plain

  • 最終話37巻では日向のバンド姿も。BARBEE BOYSのイマサ風

f:id:shirofilm:20171006011224j:plain