シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【レビュー】GX7mark2 / G VARIO 12-32mmに、LC-37C(レンズシャッター)装着した

f:id:shirofilm:20170828231450j:plain

Panasonic GX7mark2を購入しました。

購入を決める際に決め手になったのは、オリンパスのレンズシャッターが装着可能ということでした!

ミラーレス一眼は、レンズキャップ脱着が煩わしい!

GX7mark2レビューは、もう一つのブログで紹介しています。

よろしくお願いします。

コンデジからミラーレスに移行して、まず思うのがレンズキャップ脱着の煩わしさ。

f:id:shirofilm:20170828231520j:plain

キャップを紛失した経験もあるので、最近「紐付きキャップ」を装着して落下・紛失を防ぐようにしています。

でも、スマートではありません。撮影時にキャップがブランブランしてますし。

LC-37Cは、レンズキャップ脱着の煩わしさから解放してくれる!

そこで、オリンパスにすごくいいものがあるのを知りました。

フィルター径37mmに装着可能な「LC-37C」というものを。

f:id:shirofilm:20170828231450j:plain

これ、

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmレンズに装着すると、

電源ON/OFFに連動し、自動でレンズシャッターが開閉するシロモノです。

 

オリンパスはこんな便利なものがあって羨ましい・・・と思っていたら、

Panasonic LUMIX G VARIO 12-32mmに装着可能とのこと。

f:id:shirofilm:20170828231642j:plain

同じフィルター径37mmですし。

カメラ購入と共に、同時購入しました。

LC-37C 装着レビュー

f:id:shirofilm:20170828231709j:plain

カメラがシルバーなのでそれに合わせて、シルバーを選択。

うん。神経質な方でなければ不自然さはありません。

 

オリンパスのレンズではありませんので、もちろん電源ONで自動開閉はしません。

 

でも、

G VARIO 12-32mmは、撮影前に手動でレンズを回転させる必要があるのですが、

f:id:shirofilm:20170828231808j:plainf:id:shirofilm:20170828231944j:plain

その一連の動作に合わせて、シャッターが開きます!素晴らしい!!

 

このレンズシャッター、某サイトのレビューによると広角12mm(35mm換算 24mm)での使用で「ケラレ」が発生するそうです。

確かに、オリンパス14-42mm用で作られたものですからね。文句は言えません。

某サイト情報では、14mm以降なら大丈夫とのこと。12mmは使いたいけどね。

 

でも、それを差し引いてもこのレンズシャッターはとても便利。

標準ズームセットを購入した場合は必需品だと思います。

 

カバンにポイッて入れていて、いつのまにかキャップが外れてたりする心配も皆無。

シャッター部分に頻繁に触れると、閉まりが悪くなりそうですがそれはコンデジも同じ事。

LC-37Cがあれば、GXmark2をコンデジ感覚で使用できるってことです。

3つの問題点もある

もちろん、このレンズに使用する事を前提に作られた商品ではないので3点ほど問題点もあります。

①広角12mmでは「ケラレ」が発生

f:id:shirofilm:20170828231834j:plain

先ほども述べたように、このレンズシャッターを使用する場合は14mmスタートで考えた方がよさそうです。

ケラレを気にしない方は、12mmでも使用できます。

②出っ張りが「斜め」

このレンズシャッターは、フィルターを装着するように回転させて装着するのですが、

純正ではないので両サイドの「出っ張り」が斜めの場所で止まります。

f:id:shirofilm:20170828232052j:plain

シャッターも微妙に斜めです。

見た目は、あまりよろしくない(笑)

③プロテクターフィルターを装着した状態で、レンズシャッターを装着できない

f:id:shirofilm:20170828232116j:plain

この写真で分かりますでしょうか?

シャッターから小さな突起が、レンズに向かって出ています。

  • 突起が押されているときは、シャッターが閉まっています。
  • 突起が押されてないときは、シャッターが開いています。

こういうギミックで開閉を行なっているので、

レンズとシャッターの間に「フィルター」を装着できないのです。

 

シャッターが開いているときは、レンズは無防備になっています。

埃の多い場所での撮影では、LC-37Cをやめてプロテクターフィルターを装着する事をオススメします。

GX7mark2の魅力が、100倍になるLC-37C

LUMIX G VARIO 12-32mmは、

FUJIFILMのレンズで例えるなら、「XF18mm」くらいの薄さです。

 

こんなに薄くて、24mm-64mmのズーム域をカバーしてしまうのだから、

マイクロフォーサーズは素晴らしいです。

薄いズームレンズに、便利なレンズシャッターを装着する事で、すごく魅力的なミラーレスが完成します。

GX7mark2購入したら、絶対「買い!」な商品です。