シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

娘とネックレスを作りました【FUJI X-A1】

f:id:shirofilm:20170820191001j:plain

最近、「宝石」に興味を持ち出した小学4年生の娘。

そんな娘に、良さそうなお店があったので行ってきました。

手作りアクセサリーのパーツショップに行きました

デパートに行くと、娘が「宝石が見たい」というので

まずは本物の宝石店に行きました。

f:id:shirofilm:20170820181117j:plain

もの欲しそうにする娘。女になった。

しかし、数万円くらいする宝石やダイヤは買えるわけでもなくお店を後に。

 

で、しっかりと頭にイメージを植えつけて、

同じデパートの3階にあるアクセサリーのパーツショップ「PARTS CLUB」へ。

f:id:shirofilm:20170820182352j:plain

このお店は「フェイクの宝石」を使って、様々なパーツと組み合わせることで、

オリジナルなアクセサリーが作れる、とても魅力的なお店です。

デザインは無限大!

f:id:shirofilm:20170820182946j:plain

f:id:shirofilm:20170820182827j:plain

店内には所狭しと、宝石やパーツが揃っています。

f:id:shirofilm:20170820182726j:plain

宝石も100円程度からなので、子供達の小遣いでも購入できます。

f:id:shirofilm:20170820183055j:plain

選んでいる時が一番楽しいですよね。

宝石は、「ライトサファイヤ」と「タンザナイト」を選択。

嫁さんが20歳の頃、私によく「タンザナイトの宝石が欲しい」と言っていたので、

似た者同士だなと実感。

 

次は台座を選びましょう。

f:id:shirofilm:20170820191522j:plain

石の台座(石座)の対応表を見て、合うものを選びます。

台座も可愛いものが揃っています。

通常の「はめるタイプ」と、下の写真のように「挟むタイプ」があります。

f:id:shirofilm:20170820183807j:plain

挟むタイプは、可愛いタイプが多いので子供にはおすすめです。

f:id:shirofilm:20170820183546j:plain

写真はゴールドに焦点があっていますが、シルバーを基調に作成することに。

f:id:shirofilm:20170820184137j:plain

宝石がが小さいし、まだ小学生なので40cmの一番細めのチェーンを選択。

小学4年生に、ちょうど良い長さだと思います。

作成例が可愛い。これはハマる

f:id:shirofilm:20170820184400j:plain

組み合わせは無限大。

大人の女性(30歳〜40歳くらい)のお客が多かった感じです。

確かに大人の趣味としていいですよね。

f:id:shirofilm:20170820184541j:plain

10月はハロウィンなので、オリジナルアクセを付けると映えますね。

オッサンですがやってみたくなります。

f:id:shirofilm:20170820184715j:plain

息子、超・興味なし。

家で早速作ってみた

f:id:shirofilm:20170820185104j:plain

子供でも簡単に作れそうなので、やり方だけを教えて娘に作ってもらうことに。

ペンチでも作成できますが、平ヤットコの方が先が「平ら」で「細い」のでおすすめです。

宝石なので、なるべく繊細に作りましょう。

かんたんに制作手順を説明

f:id:shirofilm:20170820185127j:plain

好きな宝石に

f:id:shirofilm:20170820185134j:plain

こういう台座を装着します。

そうすると

f:id:shirofilm:20170820185143j:plain

こうなります。

でも、よく見るとチェーンを通す穴が正面に向いているので、このまま付けると宝石がに向いてしまいます。

そういう場合は「バチカン」というものを付けると

f:id:shirofilm:20170820185150j:plain

穴の向きが横になります。

f:id:shirofilm:20170820185139j:plain

するとこうなるわけです。シンプルだけど可愛いですね。

 

f:id:shirofilm:20170820185207j:plain

ちなみに「ハート型のはめ込み式」台座でも作ってみました。

この方が子供らしさがあっていいと思います。

 

f:id:shirofilm:20170820185155j:plain

嫁さんも大好きだった「タンザナイト」でも作ってみました。

大きいので、グッと派手になりますが大人っぽい感じがします。

 

ただ購入するのではなく、作成することで愛着が湧きますね。

物自体は安っぽさは否めませんが、カッティングが綺麗なので十分な存在感があります 

娘が大人の階段を登り始めたのだと、実感しますね・・・。

しかし娘は「嫁」にはやらん。