シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

X-A1が仲間入り

f:id:shirofilm:20170715153402j:plain

なんと X-A1が おきあがり

なかまに なりたそうに こちらをみている!

なかまに してあげますか?

 X-A1が なかまにくわわった

▶︎はい

 いいえ

 

というわけで、中古のFUJIFILM X-A1が仲間になりました。

現在、到着待ちです。

なぜ、迷いに迷ってX-A1にしたか?

選択肢は以下4択でした。

  • FUJIFILM X-A1
  • FUJIFILM X-M1
  • FUJIFILM X-E1
  • Panasonic GX7mark2

数あるFUJI機の中で「X-A1」にしたのは、単に一番安価だったから。

他の機種の方が安ければ、きっとそちらにしたと思います。

Panasonic GX7mark2にしなかった理由

本当は一番欲しかったのか、GX7mark2です。

ただ、今回の購入はあくまで「M42などのオールドレンズ用の母艦」です。

マイクロフォーサーズだと、35mm換算で焦点距離が倍になってしまうのです。

 

それでも、フォーカルリデューサーを購入するという考えもありました。

そうすればマイクロフォーサーズでも焦点距離が1.4倍に抑えられる。

しかし、アダプターを購入するのに2万円程度してしまうのである。

 

そうなると、いくらGX7mark2が現在超安価で約5万円で買えたとして、

それプラス2万円、合計7万円。

そこまでお金をかけても、フォーカルリデューサーを介すと周辺画像が流れるという。

 

そこまでするなら「SONY α7Ⅱ」買うよ・・・。

すっかり忘れていたけど、貯まった楽天ポイントで買うんだった

自分の中で何かが盛り上がり、GX7に心が揺らいだものの、

よく考えたら、M42レンズを安価で楽しむために「ポイントで買える中古カメラ」を買うんだった。

で、結局X-A1(中古・プレミアムホワイト)を注文。

一番安価だったのが理由です。

色をプレミアムホワイトにした理由

本当は定番の「シルバー×ブラック」にする予定でした。

実際その色も在庫がありました。

しかし、折角のおしゃれ路線のX-A1なので乙女な気持ちになってみました。

理由① 限定色だから

X-Pro2も限定色にすっかり踊らされて購入。

そしてX-A1のプレミアムホワイトも限定1000台です。

デジャビュとしか言いようがない。(X-Pro2グラファイトも1000台)

理由② 私の清廉さ

私は心が綺麗です。

そんな清廉さに似合うと思ったからです。

私は「木綿の純白」も好きな、心の清き者です。

そんな私に似合う。

理由③ オールドレンズの黒・銀色どちらにも似合いそうだから

っていうか、どちらにも似合わないような気がしてきました。

理由④ カメラを向けた時に、白ボディの方が警戒しなさそうだから

MF操作のために、モタモタします。

だからできる限り警戒心を持たれない色がいい。

理由⑤ もう一つの黒ボディ機の塗装が少し欠けてたから

中古なので別にボロボロになるのはいいのですが、

最初から塗装が欠けているのはなんとなく嫌だった。

まぁ、これが1番の理由でした。

さて、本当に使いこなせるのか疑問

X-E2でも実は少々MF操作が難しかった。

そこに下位機種であるX-A1で使いこなせるのか疑問であり不安でもある。

 

まぁ今回は貯まったポイントで購入したし、すでにM42変換アダプターは持っているので痛手の度合いは低い。

やはり、X-A1にして正解だったと思えるようにしたい。