シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

【サブカメラ候補③】Nikon 1 J5 ミラーレスだけど小さくて可愛い

f:id:shirofilm:20170421223848j:plain

最後の候補として、Nikon 1 J5を挙げようと思います。

コンデジが良いのですが、コンデジに匹敵するくらい可愛いです。

Nikon 1 J5は「小さくて、軽くて、安い」

f:id:shirofilm:20170421221746j:plain

Nikon 1 J5は「幅98.3 高さ59.7 厚み31.5 (mm)」

RX100は「幅101.6 高さ58.1 厚み35.9 (mm)」

です。

ほとんど同サイズ!もちろんレンズ入れたら厚みがぐっと増しますが、

f:id:shirofilm:20170421222653j:plain

それ以外が小さいので持ち運びが楽そうです。

 

AFも高評価なので、トリッキーな息子の動きにも追随してくれそうです。

 

重さも約231g(本体のみ)で、軽量のG9X mark2の206gと変わらない重さ。

もちろんレンズは別ですが、「1 NIKKOR VR 10-30mm」なら85gしかないのでかなり軽量です。

デザインはレトロでカッコいい!

f:id:shirofilm:20170421223848j:plain

デザインは、個人的に超好みです。

シルバーがとっても良い。絵になるデザインです。

 

10-30mmレンズなら「レンズバリア機能」がついてるし、

VR(手振れ防止)もある

35mm判換算で「27mm〜81mm」なので、まさにコンデジ感覚。

このレンズとの組み合わせなら、軽いし、気軽に子供たちと一緒に走れそう。

特筆すべきは、その安さ

2017年4月21日現在、価格.comで10-30mmレンズ付きで4万円切ってます

初代RX100とほとんど変わらない安さ!!

 

安ければ、扱いが楽になります。

カメラバッグに大事に入れなくてもいいし、ぶつけても心に傷を負わない。

 

「安い」っていうのは精神安定上、とても大切なファクターであります。

子供がカメラに手を伸ばしても、神経質にならずに済むし笑顔で居られる。

40歳代にとってはNikonは憧れ

実は、大学時代は写真部にちょっと在籍していました。

超・幽霊部員でしたけど、Nikonって部長クラスが使う、当時憧れのブランドでした。

(私はminoltaのα7700iを使用していました)

 

だから、Nikonは撮影が上手い人が使うものっていう潜在的意識があって、

今まで手を伸ばしたことが一度もありませんでした。

 

Nikonは現在色々と問題があるようですが、

カメラ自体は素晴らしいものを作っているはずです。

そんなカメラが4万円以下で買えるなんて夢のようです。

ただ、特徴がない気もする

欠点を言うなら、

「この機能で遊びたい」と言うのが無い。

 

デザインも良いし、安いし、憧れのNikonだし、所有欲も満足できる。

でも、「楽しそう」と言うものがない。真面目すぎる。

もう2年経過しているモデルというのも難点かな。