シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

トヨタ博物館に行ってきました

f:id:shirofilm:20170319225844j:plain

今日から、しばらく独身貴族。

やることないので隣県の「トヨタ博物館」にX-Pro2撮影練習を兼ねて行ってきました。

(写真はジャガーEタイプ内装)

大人版「トミカ博」の如き、展示数

トヨタ博物館に2時間ほどで到着。

高速代をケチったために少々時間かかりました。

f:id:shirofilm:20170319223014j:plain

実は来訪したのはこれで2回目。

とはいえ、家族で行くとみんな興味ナッシングなので、ゆっくり見れないんですよね。

今日はX-Pro2シェイクダウンを兼ねて、まったり見て回ります。

f:id:shirofilm:20170319223042j:plain

まぁ、あるわあるわ。

トヨタ博物館とは言っても、

展示しているのは国内外問わず、歴史を感じるものから、ここ数年前までが展示されています。

f:id:shirofilm:20170319223114j:plain

車は多分、「再塗装」及び「テカテカ☆コーティング」がされているので、ヌメヌメしたツヤ感が半端ない。

f:id:shirofilm:20170319223147j:plain

学生時代に嫌という程、街で見かけた「ファミリア」ですらカッコよく見える始末。

やはり、コーティングって大事ですね。また施工してもらおうかな。

外車(データが重くなるので数台掲載)

f:id:shirofilm:20170319223241j:plain

f:id:shirofilm:20170319223312j:plain

f:id:shirofilm:20170319223340j:plain

f:id:shirofilm:20170319223407j:plain

f:id:shirofilm:20170319230259j:plain

f:id:shirofilm:20170319230531j:plain

昔の外車が充実していますね。

特に、昔良き時代の「アメ車」がデカくて迫力あります。

f:id:shirofilm:20170319223526j:plain

TopGearでも紹介された、メッサーシュミットは本当に小さいですね。

確かにエレベーターには入れそう。

f:id:shirofilm:20170319223626j:plain

国産車(意外と負けていません)

f:id:shirofilm:20170319223711j:plain

f:id:shirofilm:20170319223733j:plain

f:id:shirofilm:20170319230350j:plain

f:id:shirofilm:20170319230605j:plain

f:id:shirofilm:20170319230421j:plain

こう見ると国産車は、ちょっと昔のモデルの方が色気があります。

なんていうか、工業製品ではなく、工芸品のような佇まい。

全幅1700mm以下のコンパクトな筐体の中に、密なデザインと性能を具現化した感じですよね。

f:id:shirofilm:20170319223811j:plain

f:id:shirofilm:20170319223834j:plain

f:id:shirofilm:20170319223923j:plain

私は、「ヨタハチ」「シルビア」「セリカ」が好みですね。

f:id:shirofilm:20170319224003j:plain

私が、小学生の時にもっとも憧れていた「ソアラ」です。

ソアラとは「最高級グライダー」という意味です。

f:id:shirofilm:20170319224153j:plain

たまに地元の田んぼ道でソアラを見つけると、自転車でぶつかりそうになるくらい近づいて、「デジタルメーター(速度計)」が動いているのを追いかけたものです。

(まさに写真のように助手席側から覗いていました)

多分運転手は、相当危なくて怖かったと思います。

しばらくすると、我が田舎からソアラ走行車がいなくなりました。

f:id:shirofilm:20170319224309j:plain

f:id:shirofilm:20170319224338j:plain

ブース内には喫茶店やレストランも併設していまして、

車書籍を読みながら茶が飲めるカフェに入店しました。

f:id:shirofilm:20170319224434j:plain

f:id:shirofilm:20170319224551j:plain(←iPhoneで撮影)

ドリップコーヒーと、アーモンドガレットをいただきました。

f:id:shirofilm:20170319224655j:plain(←iPhoneで撮影)

「霊柩車」を特集した本を読みながら、我が愛機X-Pro2を愛でながら、珈琲を飲む。至福。

トヨタ博物館に対しての要望

一通り観覧して、「こうしてほしい」と思ったことがあったので列挙します。

  • トヨタ博物館でしか買えないオリジナル商品の充実(息子のためにトミカ)
  • トイレをもう少し広めにしてほしい(意外と狭い)
  • 私の愛した「コロナクーペ」の展示
  • できたら、LEXUS車の展示(LF-Aは、あります)
  • 来館プレゼント品の導入(スズキ博物館はチョロQくれます)
  • おじさん的に、もっと多くのコンパニオンの配置
  • 子供が遊べる「運転シミュレーター」のようなものの導入
  • 子供が遊べる「ボタン」を押して動くようなものの展示

といったところでしょうか。ご検討よろしくお願いします。

まとめ

歴史的価値のある車が多数展示されていて、おじさんホイホイな博物館でした。

おかげで、写真撮影に没頭しました。

X-Pro2は手にして撮影してみると、意外と持ちやすく重くもなく、

やはりフォーカスレバーが使いやすい。

 

X-Pro2グラファイトがあまりにオシャレすぎて、

コンパニオンが全員こっち(私)を見ていたように思います。(仕方がない)

 

しかし

こんなこと言うと失礼だとは思いますが、天下のトヨタにしては淡白な感じが否めませんでした。

博物館なので、展示のみに特化するのはわかるのですが、

子供たちが楽しめているのか些か疑問。

 

スズキ博物館の方が小ぢんまりしていますが、

科学館的要素も組み入れたり、限られた実車だけですが実際に触れることもできたりします。

まぁ「博物館」にそこまで求めるのも酷ですね。

 

初めて一人で来訪しましたが、孤独感半端なかった!

いつも家族総出で外出している身として、独身貴族楽しくないです。

時折、嫁さんや子供に向けてメールするも、余裕で既読スルー。

義父母の家でゲームなどして楽しんでいると思われます。

f:id:shirofilm:20170319225443j:plain(←iPhoneで撮影)

味噌カツ丼をサービスエリアで食べて帰りました。

八丁味噌は美味。