シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition 欲しい!!

見てはいけないものを見てしまいました。

X-Pro2グラファイトエディション。なんて恐ろしい子!!

いつかはX-Pro2を買おうと決めていた

実質、X-E2の上に当たるレンジファインダーカメラ『X-Pro2』

X-T2より、私のようなオッサンにはX-Pro2みたいな形が好き。

現在、黒Pro2の実勢価格帯が15万なので12万くらいに値が下がったら欲しいなぁと思っていたら、グラファイトエディションが出てしまいました。これは欲しい。

予約価格257000円って馬鹿ですか?

 2万〜3万円くらい高いくらいだったら欲しい欲しい!

って思っていたら、随分斜め上な価格に耳キーンなるわ。

 

どういうこと?と思って調べたら、23mm f2.0のグラファイト加工のレンズも付属なんですね。

でもこのレンズって実勢価格5万弱で販売しているものなので、グラファイト加工が占める価格の割合が高すぎる。

つい、この間「XF23mm f1.4」を売却したばかりだというのに、また23mmがもれなくついてくる悲劇。

どうしても私に23mm使えってことなのかしら?

このグラファイトの渋さがたまらない

シルバーなX-Pro2が出たら欲しいと思っていたら、ガンメタっぽい「グラファイト」で販売されるとは。

写真でしか確認できませんが、同時期に発売予定のX-T2 Graphite Silver Editionに比べて濃いガンメタ風ですよね。

これがPro2に合う!!

国内1000セット限定! 

なんてことでしょう。国内1000セット限定ときたもんだ。

47都道府県で考えると、1つの県に20台しか無いということですか???

考える時間を与えない富士フィルム。

予約販売で終了の可能性がありますね。

下手したらプレミアがつく可能性もあります。

大事にしすぎて使いにくいかも

子供が生まれて初めて購入したのが『Canon 5D mark2』

すごく綺麗に写ってすげぇと感動したものの、あまりに高価だった(当時17万円)ので外に持ち出せずに、ほとんど使うこともなく売却してしまった経験があります。

その値段を10万円上回るX-Pro2グラファイトをガンガン使いこなせるかが疑問。

でも防湿庫にあると、うっとりしそう

このカメラは、もはや工芸品。

つや消しガンメタの、マットな質感にため息が出るのであろう。

持っているだけでご飯が進みそうである。

これは『撮る』のではなく、『愛でる』機械である。

今年20万円貯めるって言ったばかりなのに

現在コツコツと節約しながら過ごしているのに、突然の25.7万円出費ってどうなの?

待っても値落ちしないだろうし、待ってる間に完売必至。

実はへそくりがある

買おうと思えば買える。

これが良くない。思いきれば買えてしまう。

多分、2月までに予約するかどうかを決断しなければならないだろう。

本当は『X-Pro2とXF16mm f1.4』の組み合わせが最終目標

ボディのみでの販売だったら即予約をしていたかもしれません。

というのは、XF23mm f2.0のレンズはいらないから。

レンズは、XF16mmが欲しいのです。

 

まさか、新年早々こんなサプライズが待っているとは思いませんでした。

APS-Cカメラに25.7万円(レンズ付きですが)は、ちょっと考えさせてもらいます。