シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

初代RX100はサブに最適

f:id:shirofilm:20161216220253p:plain

現在、我が家ではFUJIのX-E2という一眼レフが活躍していますが、やはりサブカメラは必要だと思っています。

実は、X-E2を買う前にサブとしてRX100を購入してますが、本当に買ってよかったので記載します。サブカメラの要素全て揃っています。絶対買うべきです。

毎日携行するカメラ(サブカメラ)の必須条件

男はスペック好き。でも、サブカメラは女性目線の方が良いかもしれません。

女性は普段使いの良いものを見極める嗅覚を持っています。

嫁さんと相談しながら購入を決めた【サブカメラ】の6つの条件を記載します。

①サブといってもいい画質は欲しい

一度、いい画質のカメラを手にしてしまうと、もう低画質なものが使えなくなります。

それと、写真写りとは関係ない「モニターも高画質」でないと写真にした時の想像ができない体になってしまいました。

 

ただ、「高画」である必要はなくて、「高画」なカメラが欲しい。

 

わかりにくい表現ですが、2000万画素以上である必要はないのです。

どちらかというと、高画素数なものより、「明るさ」と、「発色(色合い)」がくっきりはっきりしているものが欲しいです。

もともと、カメラは800万画素程度あれば、L版サイズのフイルムに焼くくらいなら十分です。

②価格は35000円まで

価格が高いと機動力がなくなります。

下手に高級コンデジを買うと持ち運びが怖くなります。

基本的に落としたり、傷がついてもいいくらいの値段のものがベストです。

基本的に、いつでも撮れるようにカバンに入れっぱなしにするつもりなので、神経質なカメラは必要ありません。

特に値段は4万を超えてはいけない。私の小遣い2ヶ月分を超えるのはダメだ。壊れた時に泣いてしまう。

③ボケよりも、記録重視

最近のカメラ雑誌はとにかく「背景をボカす」ことばかり語られています。

でも、ポートレート撮るわけじゃないし、そもそも背景ボカしたらどこに行った記念写真かわからない(笑)

だからセンサーサイズは小さすぎなければ、別にフルサイズやAPS-Cサイズである必要はない。

あんまり小さいセンサーサイズだとスマホ画質になるので1インチあれば十分。

④大きさはポケットサイズ

首から下げると、おっさんの私は首が痛くなるのです。

基本はカバンに入れての移動ですが、シャッターチャンスが近くなったらポケットに忍ばせておきたい。

特に薄さは大切です。私は「重さ」よりも「薄さ」を重視しています。

⑤できたらWiFi接続がほしい

一度味わうと、ブログのアップや、Flickrへの投稿に便利なので出来たらこの機能はあったほうがいいです。

なければ、FlashAirなどのSDカードで代用したい。

⑥絶対アクセサリーにお金をかけない(特にケース)

カメラ購入すると、愛しくてついつい本革ケースやらアクセサリーを買ってしまいます。

しかし、本革ケースなど高価なものを買うと、結局大事にしすぎてケースに傷がつかないようにと気を使ってしまいます。

極力、買うのは液晶フィルム程度と、100均のケースにしましょう。

結論(まとめ)

という理由から、RX100を購入しました。

メインのX-E2よりも先に購入してるし。サブを先に購入してどうする。

f:id:shirofilm:20161216222306j:plain

ソニー初代RX100

RX100シリーズは現在5種類出ていまして、未だに初代が現行品として発売されています。

多少、初代はレンズ性能は劣るものの十分すぎる画質。

値段は34500円で購入。この値段で買えるってすごい。

ケースは100均で購入。十分です。

欠点としてWiFiはつかないものの、FlashAirで代用。

2090万画素と不必要に画素数は多いですが、レンズが明るいので問題なし。

 

CanonG12を所有していましたが、あまりにRX100が良すぎたため不要になり売却しました。全ての点でRX100が上だったので。

っていうか、RX100だけで良くない?FUJI X-E2購入したけど出番は明らかにRX100が多いんですよねぇ。

www.shirofilm.com

www.shirofilm.com