シブリバラ短期大学

お腹の弱い、アラフォーお父さん子育て奮闘ブログ

髭脱毛の思い出④

脱毛後、口周りが尋常では無いくらいに真っ赤になった。


昼休憩中に施行してもらったので、これから午後の仕事が残っている。


仕事柄、マスクしているので隠すことができるのは助かる。

営業職だと厳しいと改めて感じる。


先ほどの痛みを思い出しながら途方に暮れていると、私の次に脱毛した同僚が途方に暮れて廊下を歩いてきた。


無言。


今後この処置を続けていくことへの憂鬱。


口周りが、『漫画の辛いもの食べました』みたいな感じに真っ赤のまましばらく続いている。


お互いの顔を見て、あまりの酷さに失笑。


同僚はまだ施行したばかりで吹っ飛んだ髭が顔に残っている。


美への序章である。

私たちの美への道は険しく長い。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


腫れは2時間ほどでだいぶ引く。

しかし皮下に残った髭は普段より太く見える。

どうもレーザーの威力で皮下の髭が膨張しているらしい。

2週間ほどで自然と抜けるらしいが、赤みが引いてまず困るのが、『泥棒』のような見た目になってしまう事だ。


漫画の泥棒のような風貌そのもの。

この状況を2週間。

ある意味、髭レーザー脱毛はマスク可能な職業ではないときついかもしれない。


現在では技術進歩でそこまで泥棒髭ではないのかもしれないが、10年前は泥棒髭との闘いであった。

シェーバーを当てても、髭にコシがないので剃れない。

T字カミソリでも剃れない。

試練である。

このブヨブヨ髭でしばらく2週間ほど悩む事になる。


伸びてくるのに剃れないのだ。

コシのない髭がこれほどに剃れないものかと不思議に思う。


そしてこの髭を毛抜きで抜きたくなる衝動に駆られる。

この毛抜き作業を厳禁とする考えの人と、すでに毛根が機能してない髭だから抜いてもいいという考えの人がいるが、オススメしたいのはあえて抜かないという選択である。理由は下記に記す。


2週間経ったあと至福の時間が訪れる。髭がプツンとプツンと抜けるのが非常に心地いいのだ。


これは経験者にしかわからない感触。

本当に気持ちいい。


一気にスポンスポン抜ける。


抜けたあとの口周りは綺麗な生まれたての肌のよう。

この状況がまた1週間から2週間続き、また何事もなかったようにしっかりした髭が生えてくる。

その繰り返し。


ちなみに、脱毛している期間は日焼け厳禁。

シミの原因になったり、次の脱毛の支障になるので気をつけていただきたい。



ただ本当にきついのは

これから待っていた。